クッキング保育

くるみえんでは、学期に一度、年長さんがみんなにお昼ごはんを作ってくれます。

一学期はカレー。年長さんは初めて自分たちだけでクッキングをするので、やる気満々です。

カレーのおいもは、年中組がもうすぐ年長という3月にうえたジャガイモ。丁寧に洗います。

今日は雨ふり。だけど、軒下でかまどを出して作ります。

クッキング保育のときは、子どもが先生と一緒にナタを使って薪割りもします。

マッチをすって火を焚きつけるのも、子どもがやってみます。やりたい子はみんな挑戦します。

キャベツとキュウリの浅漬けも作りました。親子クッキングでも作ったことがあるから、慣れたものです。

かまどの火加減をみながら、カレーのお野菜をコトコト。

ポトン。一人ひとりカレールウを入れて煮込んで出来上がり。

カレーもご飯も何度もおかわりして、おなかいっぱいいただきました。

「おいしかったよ。また作ってね。」年少さんや年中さんにいわれて、うれしかったね。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる