節分の日

1月の終わり、子どもたちがせっせと紙を丸めています。

この丸めた紙、くるみえんの豆まきで鬼にぶつける「豆」なんです。

 

いよいよ節分の日。

先生が七輪でイワシを焼き始めました。

鬼が嫌がるというイワシのにおい。子どもたちは興味深々で集まってきました。

 

 

年少さんはイワシを一口ずつもらって食べました。

年長になると、ひとり一尾ずつ、頭からしっぽまで食べます。

イワシの頭はひいらぎの枝に刺し、魔除けとして教室の入り口に付けました。

 

 

♪鬼さんの るすに 豆いって がーらがら♪

歌を歌いながら、今度は交代で豆を炒ります。

順番をまつ間も、ますます香ばしくなる豆の様子が気になります。

炒った豆は、年の数だけ食べました。おかわりをした子もいました。

 

 

鬼が丸くなって集まっています。いよいよ豆まき。

みんな自分で描いた鬼のお面をつけています。

 

 

「鬼はそと 福はうち」

子どもたちは夢中になって逃げ回ります。

 

今日はしっかり鬼を退治したから、今年もいい春がきそうですね。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる