ある日のひばり組(年中)の様子

「おはよう」
子どもたちの挨拶が一日のスタート。
ロッカーにカバン、帽子をしまい、出席カードにシールを貼ります。
先生はシールを貼るところを伝えながら、子どもたち一人一人と会話をして、
毎朝、丁寧に子どもたちを受け入れています。

 

朝のお集まり。
先生に名前を呼ばれて元気にお返事。
今日の休みは誰かな?

 

今日の、クラスのみんなでの活動は「体操」です。
まずは先生のたたく太鼓の音に合わせて歩きます。
列になって、前のお友達をぬかさずに!!
トーン トーン トーン  トトトトトトトト・・・・・
音に合わせて、ニコニコしながら体を動かす子どもたち。

 

次にマットが出てきました。
マットの上で、一人ずつ自分で決めた動物に変身します。
ダンゴ虫、かえる、てんとう虫、うさぎ・・・
チーターになった子は、あっという間にマットの上を、四つん這いのまま走り抜けます。
早い、早い!

 

次は、先生が子どもたちの前に小さな積み木を並べます。
「ここを、ぴょん、ぴょん、と、跳べるかな?」
一人ずつチャレンジします。
「わあ、〇〇ちゃん、両足をそろえてきれいに跳べたね!」
先生が、一人一人を認めて言葉をかけてくれます。
積み木の高さや感覚を、先生がいろいろ変化してくれて、
ジャンプを楽しんだ子どもたちでした。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる